神輿八基

大國魂神社は大団魂の大神を武蔵の国の護り神として御祀りした社であります。この大神は、出雲の大国主神と御同神で、大昔武蔵の国を開かれて、人民に衣食住の道を教えられ、又医療法やまじないの術も授けられた御方で、俗に福神(大黒神)又は縁結びの神として著名な御方であります。 当社の創立は、景行天皇41年(111年)(約1900 年前)5月5日で、当時は武蔵国造が代々神社に奉仕しましたが、大化の改新によって、武蔵国府をこの地に置かれたので、国司が国造に代わって奉仕するようになり、管内神社の祭典を行う便宜上、武蔵の国中の神社をーケ所に集めてお祀りしました。是が武蔵総社といわれる起源であります。なお左右の相殿に、国内著名の神社六所を合記したので、六所宮と称せられるようになりました。
鎌倉幕府並びに北条・足利両氏も篤く崇敬しましたが、徳川家康が江戸に幕府を開くと共に殊に崇敬の誠を尽くし、神領地五百石を寄附せられました。明治維新に準勅祭社となり、同7年県社に、同18年官幣小社に列せられました。
当社は昔より崇敬者が非常に多く、武蔵国は勿論関東一帯にわたり数十万に及び、毎年5月5日の例大祭には、夜間8 基の神輿が古式の行列を整え、闇夜に御旅所へ渡御するので、俗に府中の「闇夜祭(クラヤミマツリ)」といわれ非常に賑わいました。
現在では神輿渡御はタ刻6時より行われております。

※大國魂神社についての詳細はホームページをご覧ください
参集殿(例会場) 拝殿 例会場
戻る
Copyright (C) 2005 Rotary Club of MUSASCHI FUCHU All Rights Reserved