プログラム委員会
委員長    片桐めぐみ
副委員長 福井 衞
委員  遠藤泰夫、内藤方夫、白倉徹哉      

■活動方針・年度目標
多くの会員が興味を持ち、そして例会に出席することが楽しいと感じることのできる実りのあるプログラムを
検討することが重要である。そのため、例会を通して会員同士がお互いを知り、深いコミュニケーションを
図ることができるように、会員の卓話を多用する。

活動計画
1.聞きたい卓話内容や、呼んで欲しい卓話講師等のアンケートを取り、多くの会員が興味を持つ卓話を行う。
2.例会時に、次の例会での卓話内容を連絡する。
3.プログラム委員全員が率先して卓話を行う。


戻る
Copyright (C) 2005 Rotary Club of MUSASCHI FUCHU All Rights Reserved