国際奉仕委員会
委員長    猿渡昌盛
副委員長 寺島清友
委員 遠藤泰夫、福井 衞、鹿島恒雄、須藤 昭      

■活動方針・年度目標

【基本方針】
 国際奉仕はロータリーの5大奉仕の重要な奉仕活動で、国際理解、親善、平和推進の為に、発展途上国や 
開発途上国及び地区内パシィフィック・ベイスン・グループ内の途上国への人道的な奉仕事業を行う。
ラグビー・ワールドカップや東京オリンピック・パラリンピック開催に当たり、来訪外国人との交流事業や訪日
ロータリアンのメーキャップを推奨する。
又、日本で学ぶ留学生との交流と支援を通じ、相互理解と友好の為の事業を行う。

【活動目標】
 1. 海外の友好クラブである国際ロータリー第3650地区ソウル文化ロータリークラブ(韓国ソウル)と第3481地区
  台北羅馬扶輪社(台湾台北)との交流事業を行う。
 2. 日本フィリピンボランティア協会を通じてフィリピンの教育文化事業への支援協力を行う。
 3. 一般財団法人「比国育英会」への理解を深め、バギオ基金の寄付を行う。
 4. 地区で推進するケニアの井戸掘り事業への協力支援活動を継続して行う。
 5. 国際大会が米国ハワイ州で開催され、地区で行う桜植樹プロジェクトに協力する。
 6. パシィフィック・ベイスン・グループの教育と医療支援活動を地区幹事クラブとして推進する。
 7 府中市国際交流サロンへ主催事業への支援と協力を行う。
 8. 市内大学留学生との交流事業を行う。
 9. 米山特別寄付を推進
10. 訪日ロータリアンの当クラブへのメーキャップの推奨。


戻る
Copyright (C) 2005 Rotary Club of MUSASCHI FUCHU All Rights Reserved